オンテックスのちょっといい話オンテックスのちょっといい話

感謝されたりお叱りを受けたり、優しくされたり。全国各地の営業スタッフの声を通して、お客様とのさまざまなエピソードをご紹介します。 感謝されたりお叱りを受けたり、優しくされたり。
全国各地の営業スタッフの声を通して、
お客様とのさまざまなエピソードをご紹介します。

001

自分が死んでも

私がまだ入社して半年ほどのころ、マンションのオーナー様とご縁があり、営業担当として改修工事をお手伝いさせていただきました。最初にご挨拶に伺う時、急用で上司が来れなくなってしまい、私1人で伺うことになってしまいました。

緊張しながら訪問してご挨拶した時に、私が若く見えたせいか、「1人だけか?」と訊かれ、「本日は私1人で伺いました」と答えると、怪訝そうな顔をされてしまいました。その日は結局それ以降まともに話をしていただけずに終わってしまいました。

その後も、ご主人に叱咤されながらも、上司の助けもあり、なんとか当社で工事をさせていただくことになりました。そのご契約の時に、ご自身が病気であること、そしてあまり長くはないことを突然話され、「だから自分が死んでも家族に苦労が掛からないように、ちゃんと工事をしてほしい」とお願いされました。

その時、自分がしている仕事の責任をあらためて感じ、一軒一軒しっかりと努めないといけないと思いました。この時の経験は、今の私の財産です。

和泉 義博

法人事業課

オンテックスについて トップへ

ちょっといい話 一覧

資料請求
無料見積り 無料