カテゴリ別リフォーム

門扉・門柱

リフォームメニュートップへ

多機能な門柱で、住まいのアプローチをすっきりと。

門まわりは、住まいの顔。わが家の第一印象を決める大切な要素です。
でも、建物本体ばかりが気になって、ついつい後回しになりがちな部分でも・・・。

そんな門まわりに必要なアイテムは、表札やポストなどいろいろありますが、最近は門柱(門袖)にこれらを組み込んだ機能門柱が数多く見られるようになりました。

門まわりに必要な機能とは?

門まわりのプランを考える時、一般的には門柱+門扉を設けることや、門扉は付けずに門柱のみを設置することになるでしょう。
特に何も設けないオープンな場合でも、表札やポストなどはいずれかに設置することが多いようです。

門柱には、いくつかの種類がありますが、大きく分類すると、下地にコンクリートブロックなどを用いて、吹付け塗装を施したり、タイルなどを張り付けて仕上げる方法、石やレンガを積み上げる方法、エクステリアメーカーの製品を設置する方法などに分けることができます。
吹付け塗装やタイルを用いた場合は、建物本体の外壁の素材や色味とコーディネートすることで、一体感が生まれますし、独特の風合いを持つレンガであれば、庭の花々や樹木ともしっくり馴染むでしょう。
最近の外観デザインの傾向でもあるシンプルモダンな雰囲気には、門扉やフェンス・カーポートとコーディネートされたメーカー商品を用いても良いでしょう。

どのようなタイプを選ぶにしろ、門まわりに必要な機能としては、表札やポスト、ドアホン、照明などが挙げられます。
配線が必要なものも多いため、どのような機能を求めるかは早めに決定しておくようにしましょう。

すっきり収まる機能門柱とは?

最近の住宅は、シンプルでモダンな外観デザインが多くなってきた傾向もあり、 門扉まわりもすっきりとさせたいというお宅も増えているようです。

また、限られた敷地条件の中で、門まわりに充分なスペースが取れないけれど、必要な機能は確保したい、というニーズも・・・。

そんな要望に応えるように、門柱にさまざまな機能を持たせた商品のバリエーションが増えてきています。このように門柱に機能を持たせたタイプの商品は、機能門柱、エントランスポール、ファンクションユニット、機能ポールなどメーカー商品の呼び方もさまざまですが、一般的には、表札(サインプレート)、ポスト、照明、ドアホンなどが組み込まれたものが多いようです。

形状的には、四角柱形状のタイプとポールタイプ、また門扉とコーディネートできるタイプ、単体で設置するタイプなどがあります。

門まわりにも個性的なプランニングを。

門柱のデザインは、全体的にシンプルでシャープな雰囲気を持つタイプが増えているようです。

また、表札やポストなどのデザインも、素材のバリエーションを豊富に揃えたものなどが多く、個性的な表現も可能になってきました。

ライトは、間接照明などの演出効果にこだわったものであったり、安全のために設けられた足元灯であったり、夜になると自動的に点灯するセンサー付きのものであったり・・・。

最近では、デザイン性だけではなく防犯面やプライバシーに配慮された機能性も求められています。
さまざまな機能を個性的にコーディネートして、ご家族の好みにあったプランニングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

資料請求
無料見積り 無料