カテゴリ別リフォーム

ヒートショック対策

リフォームメニュートップへ

屋内の温度を一定に保ち、快適で健やかな空間環境へ。

ヒートショックとは、急激な温度の変化によって体に及ぼす影響のことです。
急激な温度の変化により血圧が急変動したり、脈拍が早くなったり、場合によっては脳卒中や心筋梗塞、脳出血を引き起こすなど、深刻な事故につながることがあります。

商品写真:浴室暖房

【ヒートショック対策】浴室暖房

お風呂には危険がたくさんあります。
特に冬場の場合、高血圧のお年寄りの方には、脱衣時や入浴時の急激な温度変化が心臓に負担をかけるため注意が必要です。

でも、浴室暖房で入浴前に暖かくしておけば安心。予備暖房でヒートショックを緩和し、気持ちよく、落ち着いて脱衣・入浴できます。

また、衣類乾燥室にも早変わり。
雨の日はもちろん、花粉やホコリなどで、屋外に干したくない場合もとても便利で快適です。さらに、パワフルな温風と換気で浴室の水分を除去し、カビの発生まで抑えてくれます。

【ヒートショック対策】洗面所暖房

洗面所は、居室との温度差が大きくなりがちです。脱衣所を兼ねている場合、入浴の際裸になるため、ヒートショックの心配があります。

温度差をなくすために、生活空間全体を温かくすることが最良の対策といえます。
身体への負担を考慮して、洗面所などにも暖房の配慮をする必要があります。

【ヒートショック対策】トイレ内暖房

冬場のトイレも要注意の場所。
温度差によるヒートショックが、脳卒中や心臓疾患の原因になっています。トイレ内暖房は、冬は換気+暖房、夏は換気+送風で、生活空間の温度差をなくし、オールシーズン快適なトイレをご利用頂けます。

【ヒートショック対策】断熱性能改善

住環境の快適さは、家の中と外の温度差が大きなポイントです。
健康面から考えても室内空間の温度差や室内から廊下、部屋を移った時の温度差は血圧の急激な変動を誘発し、高齢者や血圧に不安のある方には大きな負担となります。

高気密・高断熱が必要になってくるのはこのような理由からです。家の中の温度のムラをなくすことが、快適で健康な空間づくりの第一歩なのです。

資料請求
無料見積り 無料