個人のお客様
 > リフォーム事例 > リフォーム用語集【か行】

リフォーム用語集

リフォーム成功の秘訣として、お客様にもリフォームのことを知って頂くことも大切だと考えます。ここではリフォームの際に頻出する用語を集めました。

か

外構工事
がいこうこうじ
住宅外部の門や扉、フェンスなどの工事。
階段
かいだん
階段のステップの部分を『踏面』(ふみづら)といい、段の高さを『けあげ』という。
建築基準法では階段の最低寸法が、『踏面』は15cm以上、『けあげ』は23cm以下と定められている。
カウンタートップ
カウンタートップ
流し台の左右にある調理台や作業台のこと。
額縁
がくぶち
窓の回り(上・横・下)に取付ける飾り材のこと。
仮設工事
かせつこうじ
建物本体を完成させるための一時的な設備工事。工事完了後は撤去される。足場などの工事がこれに含まれる。
片流れ屋根
かたながれやね
片方向だけに傾斜する屋根デザイン。もっともシンプルなデザインだが、設計の工夫次第では個性的な外観にもなる。
型枠
かたわく
所定の形状・寸法のコンクリートを作るために設ける鋳型の役目をする仮設物。仮枠ともいう。
カーテンスタイル
カーテンスタイル
窓辺を演出するために必要なカーテン。
カーテンの掛け方で、いろいろなイメージを楽しむことができる。
1.センタークロス 窓の中央から左右に分かれる最もポピュラーなスタイル。
シンプルなスタイルだけに種類の異なるロールスクリーンなどを組合せて、より豊かに表情を楽しめる。
2.クロスオーバー 2枚のカーテンがの窓の中央部で重なったスタイルのこと。
カーテンがある程度固定をされるので、出入りの多い窓や外からの視線が気になる部分には不向き。
3.カフェ 小さな窓に、部分的に用いるカーテンスタイルのこと。
カーテンをレバーへ通すだけの手軽で簡単なカーテン。カフェテリアで用いられたことから、カフェカーテンと呼ばれている。
カラーベスト葺き
カラーベストぶき
石綿セメント系平板屋根葺き材の一種。代表的な商品であるコロニアルは、久保田鉄工が米国のジョンスマンビル社から技術導入したカラーベストの商品名。表面に陶器質の微粒子を圧入して、高温・高圧養生でつくられているので硬く、吸水率が低く、耐久性に優れている。
瓦葺き
かわらぶき
陶器瓦の和形、S形、フランス形などがあり、いぶし黒瓦にも和形、S形、フランス形などがある。
瓦棒葺き
かわらぼうぶき
カラー鉄板、塩ビ鋼板、カラーステンレス、カラーアルミなど金属板屋根の縦葺きの代表的なもの。
軒から棟まで1枚の金属板で、継ぎ目は凸状に折り曲げた部分を重ねて葺かれる。凸状部分が和瓦葺きに似ているところから、瓦棒葺きとなった。
換気
かんき
住宅の換気には、自然換気と強制換気がある。住宅において換気は良質な室内環境の維持や、結露防止のためにも必要不可欠なもの。
間接照明
かんせつしょうめい
照明の光を天井や壁に反射させて利用する照明方法のこと。室内の雰囲気を異なったイメージに演出する。
乾燥材
かんそうざい
住宅用木材は建物の変形などを防ぐため、乾燥したもの(乾燥材)を使用しなければならない。
木材の乾燥収縮による建物の変形(そり・ねじれ・曲がり)は、木の含水率を平均18%以下まで乾燥させることで低減できる。

ページの先頭に戻る

き

企画型住宅
きかくがたじゅうたく
ハウスメーカーの商品のなかで、あらかじめプランや仕様が何タイプか限定されている住宅。設計、選択の自由度は低くなるが、その分建築コストは安くできる。
基礎パッキン工法
きそパッキンこうほう
基礎と土台の間に専用のパッキン材を挟み込むことにより、湿気のこもりやすい床下の換気を滞りなく行う工法のこと。通常より床下換気口の1.5〜2倍の換気能力をもつ。
キッチン寸法
キッチンすんぽう
好ましいとされるキッチン作業寸法。
・調理台の高さ → 80cm 〜 85cm
・流し台の奥行き → 55cm 〜 65cm
気泡コンクリート
きほうコンクリート
コンクリートの内部に多量の小さな気泡を含ませてつくった多孔質のコンクリート。発泡剤を混入したり、別につくっておいた安定した気泡を混ぜてつくられる。軽量で断熱性・耐火性に優れ、一般に鉄骨造や鉄筋コンクリート造の壁、床などに使われる。 高温・高圧蒸気釜(オートクレーブ)で養生されたものは特に軽量で、ALC(軽量気泡コンクリート)と呼ばれる。
給排水衛生工事
きゅうはいすいえいせいこうじ
建物内と敷地における水やお湯の供給、排水のための設備を組み込むための工事。具体的にはキッチンや浴室、トイレなど水回りの配管工事が主体になる。
強制換気
きょうせいかんき
送風機を使用して行う機械換気のこと。特に台所・浴室・便所などで用いられる。機械を使わない換気法を自然換気という。
切妻屋根
きりづまやね
山折りといわれる形に、棟から傾斜した二つの平面で構成されている屋根。
屋根の線が三角形に見える側を妻壁といい、こちらに玄関のあるのが妻入り、そうでない側は平といい、平入り玄関という。

ページの先頭に戻る

く

グラスウール
グラスウール
ガラスを繊維状にしたもので、短繊維などの断熱・吸音材のこと。
クラック
クラック
塗膜に割れ目ができる現象。
クーリングオフ
クーリングオフ
クーリングオフとは、購入意思が不安定な状況のもとで行われた契約の申込みなどを、一定の条件のもとで白紙にできることを認めた消費者保護制度。
不動産売買の場合、売主が宅建業者であり、売買契約が業者の事務所(案内所など専任の宅地建物取引主任者を設置すべき場所も含む)以外で締結され、かつ8日以内であれば申込みの撤回、契約の解除が可能。
クロス
クロス
壁紙の総称。紙製、布製、樹脂化粧、繊維製など各種あるが、紙というと安っぽいので、布地のクロスで表現している。塩化ビニールクロスが主流で、壁と天井が仕上げ材として使われる。
クローズドキッチン
クローズドキッチン
独立型のキッチンのこと。キッチンからの音や臭気を気にせずに家事作業を行うことができる。
クローゼット
クローゼット
収納庫のこと。

ページの先頭に戻る

け

蛍光灯
けいこうとう
面光源で、光が拡散して全体が均一に明るくなり影ができにくく、あまり放熱しないのが特徴。
消費電力は少ないが、点灯時に最も負担がかかるため頻繁に点灯消灯を繰り返すと寿命が短くなる。
結露
けつろ
結露には簡単に目で見ることのできる『表面結露』と構造体内部に発生する『内部結露』があり、どちらの結露も空気がある一定の温度(露点温度)以下になり、余った空気が凝結して水滴となった状態のこと。結露は木材を腐らせる原因の一つ。
建築面積
けんちくめんせき
建築面積は建物を上から見た時の外形による水平投影面積。
一般的には、1階の床面積となることがほとんど。しかし、1階よりも2階が跳ね出した形状の場合には、2階の面積となることがある。また、バルコニーが1m以上跳ね出している場合は、1m以上のバルコニー部分も建築面積に入る。
建蔽率
けんぺいりつ
建蔽率は、建築面積が敷地面積を占める割合のこと。
例:□ 100m2の敷地 □ 建蔽率60% → 建築面積60m2までOK。

ページの先頭に戻る

こ

工事完了届
こうじかんりょうとどけ
建築確認を受けた建築物または工作物の工事が完了したことを、建築主または築造主が建築主事あてに届け出る手続きのこと。
格子戸
こうしど
玄関の引き違い戸が格子になっているものをいう。
勾配
こうばい
屋根の傾斜角度は「××度」といわずに、水平距離を10あるいは100の分母として、どれだけ持ち上がったか(高さ)、その寸法を分子として表している。
尺貫法時代は三寸勾配(水平距離一尺に対して三寸持ち上がる)、四寸五分勾配などといった。この屋根の勾配は、屋根葺材料によって定められている。
勾配天井
こうばいてんじょう
室内の天井を水平ではなく傾斜させた天井のこと。室内空間が広く見える。
小屋組
こやぐみ
屋根の荷重を柱や壁に伝える骨組のこと。小屋組には和小屋と洋小屋がある。
コンクリートパネル工法
コンクリートパネルこうほう
コンクリートのパネル(PC板ともいう)を組合せて建物を構成する工法。耐火性、耐久性、遮音性などに優れる。
コンセント
コンセント
コンセントは使用時にかがまなくてもすむ、水滴がかからない・・など、使用の目的に応じて高さを決めると、生活しやすくなる。また、高齢者の場合、スイッチはやや低め、コンセントは通常の高さよりもやや高めに取付けると使用しやすい。
■コンセントの取付け高さの目安■
・通常コンセント → 25cm
・洗濯機 →150cm〜110cm
・勉強机 →70〜90cm
・掃除機 →35〜40cm
・エアコン →180cm〜200cm
コンパネ
コンパネ
コンクリートパネルの略語。コンクリートを流し込む際の枠を構成する耐水合板のこと。床仕上げの仕上げ材によく使われる。

ページの先頭に戻る

リフォーム事例

  • リフォーム事例一覧
  • お客様の声・お便りのご紹介
  • リフォーム用語集
  • 外壁塗装リフォームの目安(耐用年数)
  • リフォーム基礎知識
  • 完成現場見学会&リフォーム相談会のご案内

カテゴリトップへもどる

資料請求と無料 お見積もりは

  • 通話無料:0120-01-1116(いちばんいいいろ)電話受付:9時から17時まで
  • 資料請求お見積もり

お客様相談室

通話無料:0120-84-6363

各種お問い合わせはこちらから

電話受付:9時から17時まで

  • ショールームのご案内

お客様の声・ お便りのご紹介ブログ

関東編

東海編

関西編

九州編

ページの先頭にもどる